豊胸手術のアレコレ〜バストの魅力アップップ〜

新しいタイプの手術

ナース

最新の手術情報

豊胸手術にはヒアルロン酸注入や人工乳腺バッグなど定番の手術がありますが、最近ではPRPと呼ばれる最新の手術も登場しています。自分の血液の中にある血小板を採り、再び使う再生療法になっています。採取した血小板が多血小板血漿であり、PRPと呼ばれているのです。人間の血液の中にある血小板には、成長因子という肌トラブルを改善する力を持っています。しわやたるみなどを改善することが出来るので、若々しい肌をしっかり維持することが出来るのです。そのため肌だけでなく、血小板を濃縮すればバストにも使うことが可能となるのです。バストに埋め込む際にはジェルパッドとして使えるので、豊胸手術として最適な手術方法の1つになるのです。また自分の血小板を使った豊胸手術なので、天然のジェルパッドを埋め込むので体へも悪い影響を与えることがないのです。さらに手術後の副作用もないので、多くの女性から安心出来ると人気の手術になっています。シリコンパッドを使った手術の場合は人によっては合わない場合もありますが、PRPであればどの女性にも合い確実に効果を得ることが出来るのです。

2つの効果を得る

大手の美容外科では、最新の豊胸手術であるPRP手術が取り入れられています。まだ新しい手術ですが、この美容外科ではさらに品質の高いPRP手術を行なっているのです。そっれは、脂肪幹細胞注入法と呼ばれる手術を取り入れているからです。脂肪幹細胞注入とは自分の体の脂肪を胸に注入する方法で、気になる部分の脂肪を取ることが出来るのでバストアップと痩身の2つの効果を得ることが出来るのです。さらに持続期間が長くなっているので、長い期間効果をキープすることが可能となっているのです。また自分の体にあった脂肪を使うので、仕上がりも自然で柔らかいバストを確認することが出来ます。そのためPRPでは高濃度血小板を使い手術しますが、これに加えて脂肪幹細胞を注入することでより多くのメリットを得ることが出来るのです。

Copyright© 2015 豊胸手術のアレコレ〜バストの魅力アップップ〜All Rights Reserved.